買い物行動に関する調査研究報告 ~震災の影響を探る~ 株式会社大広 消費者行動レポート

株式会社大広(社長:高野 功)では、消費者行動研究の一環として、店頭での購買行動に関する意識や実態について調査・研究を行っています。このレポートは、原材料価格の高騰による商品価格の上昇や、リーマンショックによる世界的な景気後退が始まった2008年以降、生活者の購買行動・意識がどのように変化しているかについて着目して、定期的に調査を実施し比較しているものです。今回は買い物行動における東日本大震災の影響を探る意図で、震災後3カ月、及び従来の定期調査(毎年11月に実施)から半年後に当たる本年6月最終週の週末に、インターネット調査で20歳から65歳までの関東と関西に在住する主婦で各エリア500人の計1000人を対象に、震災以前との比較を軸に調査を実施しました。
なお、調査結果概要については、別添資料をご参照ください。

株式会社大広 消費者行動レポート


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川 
TEL 03-6364-8601

Daiko WEDODAIKO RECRUIT 2020AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信