インターネット広告品質向上の取り組み

大広はインターネット広告における品質向上に責任を持ち、得意先企業や社会からの信頼に応えていくことを常に心がけます。

広告掲載先の品質確保(ブランドセーフティ)やその対策について

私たちは⼀般社団法⼈⽇本インタラクティブ広告協会(JIAA)が定める「広告掲載先の品質確保に関するガイドライン(ブランドセーフティガイドライン)(2019年4⽉制定)」に則って対策を行う事で品質向上に努めています。
https://www.jiaa.org/gdl_siryo/gdl/brandsafe_gdl/

広告トラフィックの品質確保やその対策について

私たちはJIAAが定める「広告トラフィックの品質確保に関するガイドライン(無効トラフィック対策ガイドライン)(2021年4月制定)」に則って対策を行う事で品質向上に努めています。
https://www.jiaa.org/gdl_siryo/gdl/ivt_gdl/

JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)による認証の取得状況

私たちは、JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)の定める、「ブランドセーフティ認証」「無効トラフィック対策認証」の基準をクリアする事で下記の認証を受けています。

ブランドセーフティ認証
認証番号:J1041-1B3-221231
事業の領域:広告購入者
認証の種類:第三者検証

無効トラフィック対策認証
認証番号:J1041-1T3-221231
事業の領域:広告購入者
認証の種類:第三者検証

<JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)について>

https://www.jicdaq.or.jp/
デジタル広告が、生活者や企業、そして社会にとって有益であることを願い、デジタル広告市場が健全に発展することを目指して立ち上げた認証機構です。デジタル広告の品質課題のうち、まずは「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」と「アドフラウドを含む無効配信の除外」の品質認証に取り組んでおります。