妊婦になっても、プリティでいこう。 株式会社大広「にんプリ」プロジェクト 本格始動

2010年7月1日、株式会社大広(代表取締役社長:高野功)は、「妊婦になってもプリティでいこう」をメインテーマに、広告会社ならではの発想で、「妊婦の会員制コミュニティサイト(http://ninpri.com)」を運営する「にんプリ」プロジェクトをスタートします。

このプロジェクトは、当社が07年度から実施している社内の「ビジネス提案制度」において採用となった案件であり、女性社員を中心に発足したプロジェクトです。概要は以下の通りです。

1.背景
最近の女性たちは、妊婦の時期であっても、それまでのライフスタイルや自分らしさ、こだわりを大切にしたいという思いもあり、妊婦の時期でもオシャレを楽しみ、自分を磨き、趣味も仕事も欲張りに楽しみたいという人が少なくありません。
そこで、妊娠といった女性にとって人生の一大イベントでもある貴重な時間が充実したものとなるよう、広告会社としての視点で応援・サポートし、さらに取引先のビジネスにつながるサイトが必要なのではと考え、本プロジェクトを立ち上げました。
(サイト http://ninpri.com のトップページには、当サイトのコンセプトである「にんプリ憲章」を掲げております。)

2.目的
「にんプリ」プロジェクトは、女性の視点から「妊婦になるのって楽しそう」「妊婦って、プリティ」=「にんプリ」という新しいムーブメントを創造し、妊婦をターゲットにし たサイト運営やイベントを実施します。そして、その実績やデータ分析を基に提案力を強化することで、妊娠中(プレママ)から育児世代を対象とした企業のマーケティング活動をサポートすることを目的としています。
さらに、企業・行政をも巻き込んだ新ビジネス(会員ビジネス・ライツビジネス・サイトメディアビジネス等)への展開を目指しています。
また、広告会社として「少子化」「育児」といった社会的テーマへ対応することで、日本の少子化対策につなげていければと考えています。

3.主な活動内容

● 「妊婦の会員制コミュニティサイト<にんプリ>(http://ninpri.com)」で会員組織を構築し、話題性・メディア力のあるサイトを運営していきます。
会員になったユーザーは、「にんプリ」サイトで、妊娠中の楽しい思い出を写真やコメントで記録できる「Myニンプリ手帳」を作成できます。
その手帳を公開する「にんプリ写交会」では、「にん友(妊婦友だち)」との情報交換や思いの共有等が可能となります。また「妊婦プリティ」を自慢しあう写真コンテスト「にんプリグランプリ」を毎月開催し、オシャレで元気な妊婦さんを応援します。
妊婦時代に充実した時間をすごした当社の現役クリエイターでもある編集長(大阪本社第1コミュニケーションデザイン局 井田万樹子)のブログは、ユーザーにとっては心強い存在になると思われます。
さらに、会員以外の方も楽しめる「赤ちゃん予想図」(男女の名前の入力で奇想天外な赤ちゃんが誕生)という遊びコンテンツもあり、今後も充実させていく予定です。

● 7月3日(土)4日(日)大阪南港ATCホールで開催の「マタニティーカーニバル2010」
(主催:マタニティーカーニバル実行委員会・テレビ大阪・アジア太平洋トレードセンター)に出展します。会場では「にんプリさん撮影会」を実施。会員登録してくださった方には無料で、プロのカメラマンによる撮影&A4サイズの写真プリントをプレゼント。また、会員登録記念として「にんプリオリジナルエコバック」もプレゼントいたします。
4日(日)12:10~12:30からのPRステージでは、「マタニティフォトの上手な撮り方講座」も開催予定です。

~大広「にんプリ」プロジェクト 本格始動~


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川 
TEL 03-6364-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office