~キャラクター商品 好き?嫌い?買う?買わない?~ 株式会社大広「ちびファミ・ラボ」育児中のママの、キャラクター商品購入実態調査

株式会社大広(社長:高野功)は、社内プロジェクト「ちびファミ・ラボ」※の活動の一環として、育児中のママを対象に、キャラクター商品の購入実態に関する調査を実施いたしました。
育児中のママと子供の周囲には、歯ブラシやシャンプー等の日用品、洋服やカバン等服飾雑貨、さらにカレーやジュース、ヨーグルトといった食品に至るまで、あらゆるところにキャラクター商品があふれています。
子供が喜ぶからつい買ってしまうというママがいる一方で、キャラクターがついた商品は好まない、あまり使わせたくない、というママも存在します。
今回、育児中のママ100人を対象に、このようなキャラクターのついた商品群は、実際のところどれくらい買われているのか、なぜそれを買うのかといったことを調査することで、商品の購入促進にキャラクターはどのように関わっているかを探りました。その結果、キャラクターと商品の関係性及びキャラクターが果たす役割から、その現状と課題が浮き彫りになりました。
調査結果のポイント・概要は、以下の通りです。

「ちびファミ・ラボ」では、これからもママたちの生の声をはじめとした様々な意識を調査し、その実態を把握することで、クライアントサービスに活かしてまいります。

※ 2008年6月に発足した「ちびファミ・ラボ」は、妊娠中の夫婦(プレママ&プレパパ)、そして0~6 歳の乳幼児の親(パパ&ママ)の育児に関する意識と行動を把握し、リアリティのあるインサイトと、データに基づいた提案を行うことで同領域のマーケティング活動を行う取引先のマーケティングソリューションパートナーを目指す社内プロジェクトです。

~キャラクター商品 好き?嫌い?買う?買わない?~株式会社大広「ちびファミ・ラボ」育児中のママの、キャラクター商品購入実態調査


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川 
TEL 03-6364-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office