株式会社大広 共同プロジェクトサイト「KAKEHASHI」オープン

メディアアート (メディア芸術/New media art)と総称されるコンピュータグラフィックス、人工知能、インタラクティブテクノロジーなどを駆使したアート作品は、すでに半世紀の歴史をもつまでにもなりました。その間、《アルスエレクトロニカフェスティバル》や《SIGGRAPH》、《ISEA》等、海外ではアートとテクノロジーの両側からメディアアートを検証する活動も根付き、毎回多くの参加者を集めております。

一方、日本でも様々なフェスティバルが近年開催されていますが、当事者や一般の方がまだメディアアートを身近に感じる状況ではありません。これは、表現者(アーティスト、クリエイター)と、その環境をとりまく科学技術関連分野の研究者たちが基礎研究情報を共有するための場が少ないことや、経済活動の中にメディアアートが組み込まれる素地がないことに起因しているのではないかと考えます。

そのような背景を踏まえ、今回、大広は大学教授をはじめ、アーティスト・キュレーターの方々と共同で、関西におけるクリエイティブ活性化のため、「KAKEHASHI PROJECT」を立ち上げました。
「KAKEHASHI PROJECT」では、アーティストとテクノロジスト、才能と技術、ナレッジとビジネス、日本と世界をつなげる未来への「懸け橋」の一助となるべく、メディアアートに関する様々な活動機会の創出を仕掛けてまいります。
詳細は下記サイトをご覧ください。

http://kakehashi.tv/

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office