「科学」と「経験」をフィロソフィーとした大広独自のメソッド ダイレクトビジネス統合メソッド「D‐DriveTM」を開発

株式会社大広(社長:高野 功)は、このたび、ダイレクトビジネスに関する統合型のソリューションメソッド「D-DriveTM」を開発いたしましたのでお知らせいたします。

大広では、これまでもお取引先のダイレクトビジネスにおいて、様々なメソッドやツールを開発・運用し、効果的・効率的な提案からその実施・管理にいたるまでトータルにサポートしてまいりました。その数多くの実績からダイレクトビジネスの成功の鍵は、「科学的アプローチによる効率性の向上(ROI管理、コミュニケーション&プロモーション開発、受発注体制など)」と、「経験に基づいて導かれた成功法則という名のナレッジ」であると考えております。「D-DriveTM」は、それらのメソッドやツールを集約・強化し、さらに「科学」と「経験」という2つの成功の鍵を組み込んで体系化した大広独自の統合メソッドとして開発。この度、実用が可能となりましたので、2007年2月より運用を開始いたします(なお一部メソッドについては開発中のため、フル稼働は4月以降となる予定)。

この「D-DriveTM」を活用していくことにより、ダイレクトビジネス領域におけるお取引先の様々なビジネス課題に対して、今まで以上の高品質なソリューションサービスを提供してまいります。

<D-DriveTMの特徴>
(1) ダイレクトビジネスにおける4つの領域に関するソリューションサービスを提供する統合メソッドです。【図1参照】
(1) 事業戦略領域
(2) DRM(ダイレクト・レスポンス・マネジメント)領域
(3) CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)領域
(4) 運営サポート領域/コンサルティング領域

(2) 様々な「事業形態」に幅広く対応することができます。
(1) 健康食品、飲料、化粧品、金融、通信などの様々な「業種」
(2) 専業/単品型、メーカー通販型、リテイル併用型などの様々な「ビジネスモデル」
(3) 売り切り型、リピート型、リードジェネレーション型などの様々な「事業スキーム」

(3) 実践的施策改善プログラム「P3-SpiralTMマネジメント」「P3-SpiralTMマネジメント(P3=Program(計画)×Practice(実行)×Progress(進歩)」により、「トライ&ベター」の実現を目指した実践的な施策改善プログラムを志向しています。直感的なプランの実施検証ではなく、計画的にプログラム化された施策実施/評価により、施策効果を着実に高めるとともにナレッジを蓄積し、ビジネスを上昇スパイラルに導いていくマネジメント方法です。【図2参照】

<【図1】D-DriveTM のソリューション領域>  

<【図2】「P3-SpiralTMマネジメント」の概念図と上昇スパイラルイメージ図> 
 

以上


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務人事局広報部 遠藤、長谷川 TEL 03-3437-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office