博報堂DYグループ、4社共同で「博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター」を設置

博報堂DYグループ、4社共同で「博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター」を設置

 博報堂DYグループの事業会社4社(博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、大広、読売広告社)は共同で、「博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター」(以下「i-ビジネスセンター」)を2月1日付で設置し、デジタルメディア環境における次世代型広告コミュニケーション開発をグループ横断で推進していくことと致しました。

 近年のデジタルメディアの普及浸透によって、生活者はメディアから情報を受け取るだけでなく、パソコンや携帯電話などを通じて、自ら能動的に情報にアクセスし編集するようになり、情報生活は大きく変化しています。そうした生活者の変化を受けて、広告主のマーケティングやコミュニケーション戦略は、急速に高度化・複雑化してきています。したがって、広告会社には、マス広告に加え、生活者からのレスポンスも含めた、インタラクティブなブランド体験も創出する広告プラニングとソリューションの提供が求められています。

 このたび、博報堂DYグループが新しく設置する「i-ビジネスセンター」は、インターネットやデジタル放送などのデジタルメディア環境において、「広告表現」「媒体計画」「コンテンツ」を統合的にプロデュースしていくことにより、新しい広告コミュニケーションのありかたを創造し、高品質なソリューションを提供していくことを目的としています。  具体的には、広告とコンテンツを融合させた「ブランデッド・エンタテインメント」の開発や、「ブログ」や「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」などの「CGM(コンシューマ-・ジェネレイテッド・メディア)」を活用した評判(バズ)増幅の仕掛け、インターネット動画配信等の新しいメディアプラットフォームとの協働による広告枠の開発など、従来の広告モデルの枠組みに捉われない新しい領域の広告キャンペーン提案やプロデュースを、グループ一体となって手がけてまいります。  また、デジタルメディア環境における生活者の情報生活の変化を、広告会社にとってこれまでにないチャンスと捉え、本センターを核に情報を集約し、媒体社やテクノロジー提供企業、コンテンツホルダー、制作会社などとの業務提携や出資も視野に入れた積極的な協業や新事業開発の検討も行ないます。  「i-ビジネスセンター」は、博報堂DYグループ内から、クリエイティブディレクター、アートディレクター、WEBプロデューサー、メディアプロデューサーなど各分野の専門家を集め、既存の専門領域や会社組織を横断する形で編成し、企業や生活者にとって真に価値ある新しい広告コミュニケーションの実現に、グループ一丸となって貢献してまいります。

<概要>
社 名 :  博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター
機能 :
1)統合機能
・ WEBを含む統合型キャンペーンの企画開発・実施
・ トラッキングによる広告効果(マスメディア+クリエイティブ+Web)の最適化提案および実施
・ ブロードバンド(動画)コンテンツの企画、制作

2)制作機能
・ ウェブサイト(企業・商品・プロモーション等)、Eコマースサイトの企画・構築・運用
・ 各種広告素材の制作および最適化プラニング

3)メディア機能
(※博報堂DYメディアパートナーズi-メディア局との連動・連携機能)
・ インターネット・モバイル・サーチ広告(リスティング等)の企画・仕入れ・開発・販売
・ 他メディアと連携したクロスメディア型のコミュニケーション・プロモーション企画開発

センター長 :
勝野正博(兼 博報堂DYメディアパートナーズi-メディア局長代理 兼 メディア環境研究所主席研究員)

スタッフ :  約30名
発足 :  2006年2月1日
所在地 : 汐留シティセンタービル内

以上


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
博報堂DYメディアパートナーズ 総合計画室広報担当 山下・加藤 Tel 03-6218-9175
博報堂 広報室 宮川・西村 Tel 03-5446-6161
大広 総務局広報部 遠藤・長谷川 Tel 03-3437-8601
読売広告社 総務局 コーポレート部 山中 Tel 03-3566-6966

<ご参考> i-ビジネスセンターの位置づけ イメージ図

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office