Statement

道修町の坂道で薬箱荷車押しの手伝いから始まり、店舗で、地域で、
コールセンターで顧客との会話を深め、
得意先企業の事業成長を支えてきた大広120余年の歩みは、
顧客の願望と企業の成長、社会の進歩に励まされ続けた歴史だった。
媒体取次業から、マーケティングコミュニケーション会社へと
我々の役割は進化してきた。
変わらずに続けてきたのは、得意先企業とその顧客の一番近くで、
コミュニケーションの知見と技術を磨き、
社会の豊かさや顧客の喜びのために汗をかいてきたこと。
大広の成長力はつねに、企業とその顧客、
そして彼らが生きる社会の成長を源としている。
なかでも基点は顧客である。
顧客を敬い愛することが、我々の誇りであり、新たな成長の道標になった。
そして、企業の社会価値化が課題となった今、
大広は顧客を基点に、得意先企業との関係をさらに深めて、
顧客と企業と社会との幸せな共栄を紡ぐ。
顧客に「望まれる社会」「持続可能な社会」を解き、
企業のあるべき姿を事業化し、その実りを社会資産として共に享受する。
これまで歩んできた道は、必ず未来に通じている。
その一歩一歩は、困難ではあるが、心弾み、愉しい。
我々は、企業と顧客と、社会を敬愛する
それは、大広の永遠の原動力

我々は、企業と顧客と、社会を敬愛する
Daiko WEDO SHALL WE CAMP? RECRUIT 2023 新卒採用 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office