代表取締役社長

落合寛司

⼤広は、顧客価値をベースに顧客と企業の関係性の豊かさを紡いでいきたいと考えています。
いま社会をリードしているのは顧客です。
顧客の賛同がなければブランドの成⻑はもとより、企業そのものが⽣き残れない時代となっています。
顧客との関係性の豊かさ、そしてその継続性こそが企業の利益の源泉であるといえます。
我々は、時代に先駆けて顧客と企業とのダイレクトな関係作りに取り組み、顧客価値を⾒極める⼒に磨きをかけてきました。
さらに⾃社経営の真ん中に「顧客価値」を据えることで、企業グループ全体での価値提案を⾏っています。
顧客価値を基軸にブランドの活動をつくる、「ブランドアクティベーション」を⼀層強化して推進。
今⽇的テーマであるD2Cの進化にも積極的に取り組んでいます。
企業が進める顧客との事業共創のパートナーとして、これからも得意先の事業成⻑、そして社会の発展に貢献してまいります。

Daiko WEDO DAIKO SUMMER CAMP ~INTERNSHIP 2022~ AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office