vol.8あの人もにんプリフレンズ

「スクーン」代表 浅井聡子さん

人に、私に、幸せを運ぶブランドを。
オーガニックコットンの商品を創造/発信するニューヨークのブランド「スクーン」。和のテイストを取り入れたベビー服などが人気で、世界30ヵ国で販売されています。会社代表の浅井さんに、お話を伺いました。

第1章 子供と仕事。娘が産まれ、見つめ直した人生の歩み方。

これまでにない楽しいブランドを!そんな想いから始まったのが「スクーン」。

スクーンのハート型ビブ 「スクーン」は、ニューヨークを拠点に、オーガニックコットンを使ったベビー服や布ナプキンなどを製造販売する会社。これまでにないもの、もっともっと楽しいものを創りたい、という思いから出発したブランドです。
そのころ市場に出回っていたオーガニックコットンのベビー服は、生成り色でプレーンなデザインで…と、お決まりのパターンばかり。いくらオーガニックとはいえ、手に取りたくなるほど可愛いものはありませんでした。「お洒落でかわいい色のオーガニックコットンのベビー服ブランドがあれば…」このひらめきを出発点に、ニューヨークのデザイナーたちと立ち上げたのが「スクーン」です。

ブランドを立ち上げる前は、ニューヨークの会社でフル回転で働いていた毎日でした。海外出張も多く、住み込みのナニーさん(ベビーシッター)に生まれたばかりの子供を託し、夜も遅くまで働いていました。それまでは大企業での昇級昇進が大切なことだったんです。けれどもっと他に、何か自分でできることがあるんじゃないかと思い始めていた頃、スクーンの元になるアイデアが生まれ、それがビジネスプランになるまでにはそう月日もかかりませんでした。方向が決まると後はただ前に進むのみ。最初の2年ほどはブランドの仕事と会社の仕事の両方をしていたので、寝る間はほとんどありませんでした。

ママに、赤ちゃんに、働く人に。
ほんわり幸せな気持ちを届けるブランドでありたい。

スクーンの服は、ニューヨークでデザインされ、エジプトにある工場で作られています。エジプトの工場は、フェアトレードのモデル工場としても評価されていて、働く人のための病院や職業訓練所もあり、男女平等な賃金が支払われています。そこで生まれるエジプト綿は肌に優しく、シルクのように滑らかな肌触り。通常はとても高価なこのエジプト綿を、ミドルマンをカットして直接消費者にお届けすることにより低価格にすることができるんです。
決めてになるデザインは、日本人としての個性を大切にした柄や色、スタイルを主体にしています。例えば、「キモノ」。日本の赤ちゃんの肌着としては当たり前ですが、欧米ではまだ新しいコンセプトだったんです。ところがキモノって、実はとてもプラクティカルにできていて、赤ちゃんの着せ替えには最高にラクなんです。服を広げて、その上に赤ちゃんを乗せて包むだけ。首のすわっていない新生児にもストレスを与えることもありません。

米国のビジネス雑誌 Entrepreneur 全米で最もホットな7つの企業に選ばれたスクーン赤ちゃんの足の動きを妨げないデザインの着物は名付けて「ニンジャキモノ」。「ニンジャパンツ」もこの春、発売して好評です。柄も江戸小紋をアレンジしたちょっとシックでクールなものが多いです。
オーガニックコットンというと、「環境に優しい」ということがクローズアップされがちですが、私がもっと大切にしたいのは、ママと赤ちゃんの気持ちです。
楽しくなるデザイン、オーガニックコットンならではの肌への安全性、あと価格の安さも大切。「環境に優しい」だけでは、モノは売れません。スクーンというブランドを通じて、お客さまはもちろん、スクーンで働く人の幸せも大きく育てたいと思っています。もちろん、新しいものに挑戦する時の私自身のワクワク感も。

第2章 自分の人生を、そして子どもと生きる毎日の時間を楽しんで。

好きなこと、興味があることに目標を置けば、夢は必ずかないます。

娘さんとビーチにて好きなこと、やりたいことがあれば、まずはやってみること。こうなりたい、という目標があって、楽しみながらそこへ向かって行けば、必ず達成できます。大切なのはそのプロセスをいかに自分らしく楽しむか、だと思います。
妊娠中、そして出産後も同じこと。その時にしか味わえない楽しみがたくさんあります。キラキラしている赤ちゃん時代の成長を見逃してしまうのは、とてももったいない事。子どもは、すぐに大きくなってしまいますから。辛いときや、ちょっとしんどい時も色即是空。見方をちょっと変えることで、世界が変わります。自分の目標を大切にしながら、できるだけゆったりと、幸せな気持ちを大切に。自分の人生も、子どもを持つ事も、思い切り楽しみましょうね。

にんプリ憲章に、賛成します!

私の言いたい事が、全部このにんプリ憲章に書いている気がします。本当の自分、そしてその自分の人生ときちんと向き合って、今しか残せない思い出を残して…。日本にハッピーな妊婦さんが増えてほしいです。がんばれ、にんプリさんたち!

(インタビュー:2011.05.30)

浅井聡子さん プロフィール

ベビー服、布ナプキン、ペット服のブランド「スクーン」代表。
世界でも最高と呼ばれるエジプト産のオーガニックコットンを使用し、プリントもすべて天然染料を採用。
世界で名高い国際認証機関Demeterから認証されている。
 

⇒スクーン ブランドサイト
⇒スクーン フェイスブックページ

バックナンバー

徳重安枝さん
vol19【「ベジスタ」プロジェクト管理栄養士】
徳重安枝さん
お料理教室「Clad-kitchen」主宰。妊娠・出産を機に親子向けの教室 「ベジスタ」を立ち上げ、食育活動に力を注ぐ。
福田英子ん
vol18【コモン・ニジェール代表】
福田英子さん
サハラ砂漠で妊娠・育児を経験。遊牧民から学んだ子育てとは?
ニコラ玲子さん
vol17【デザイン事務所ディレクター】 ニコラ玲子さん
フランス人のパートナーと立ち上げたデザイン事務所のディレクターとして、2児のママとして、公私ともに活躍中!
サイモンさん・キャサリンさん
vol16【英会話講師】
サイモンさん・キャサリンさん
生後8カ月から英語を学べる英会話教室モダンイングリッシュ。そこで長年にわたり講師をされているお二人。
奈良有可里さん
vol15【タンゴダンサー】
奈良有可里さん
本場アルゼンチンのタンゴを日本に広めるべく、旦那さんと活動されているタンゴダンサー。
香川絵馬さん
vol14【モデル】
香川絵馬さん
プリティな妊婦道をまっしぐらのビューティモデル。自然体のマタニティライフが素敵です。
伊藤俊輔さん
vol13【ファイナンシャルプランナー】 伊藤俊輔さん
「夫婦でお金について話す時間を」3人のお子さんを持つイクメンファイナンシャルプランナー
西村晴美さん
vol12【ベビーショップ店長】 西村晴美さん
日々妊婦やママの声に耳を傾けながら楽しくてハッピーな妊娠&育児ライフを応援するベビーショップ店長。
安藤哲也さん
vol11【NPO法人代表理事】 安藤哲也さん
イクメン、イクジイ・・・みんながハッピーな社会をめざして男の新たな育児参加スタイルを創り出す。
文美月さん
vol10【会社経営者】
文美月さん
「仕事も家庭も堂々と」。へアアクセを通じて女性の美を応援する会社経営者。
安田真奈さん
vol9【映画監督&脚本家】
安田真奈さん
毎日がドラマの連続!喜びもつらいことも、育児のすべてを作品に活かす映画監督。
浅井聡子さん
vol8【スクーン代表】
浅井聡子さん
好きなことは、迷わずトライ!目標を大切に、楽しみながら夢をかなえて。
高見久美子さん
vol7【ちんどん屋】
高見久美子さん
育児と自分のしたいこと。バランスを取りながら、私らしく人生を歩みたい。
都あきこさん
vol6【エッセイ漫画家】
都あきこさん
子育てのこと、暮らしの事を、自分らしく描きたい。
田和真希さん
vol5【大学講師】
田和真希さん
「欲しいものはあきらめない」という気持ちで、女性の人生をエンジョイして!
アイリーン・チェンさん
vol4【舞踏家】
アイリーン・チェンさん
舞踏家として母として。人を笑顔にする「ダンスの可能性」を、追い求めたい。
城後紗織さん
vol3【美容家】
城後紗織さん
忙しい現在の女性にも、メイクを通じて幸せを届けたい。
薗部容子さん
vol2【フリーライター】
薗部容子さん
「ママが幸せでなければ、子どもを幸せになんてできない」ってことを、忘れないで。
長澤あかねさん
vol1【翻訳家】
長澤あかねさん
ステキな生き方をしている女性の本を訳し続けたい。