2018.03.08

Special interview 01-2

我が社のワーキングマザーにきく。
大阪篇1 Vol.02


メディアソリューション局 林 美沙樹
カスタマープロモーション局 岡嶋 瞳
第4営業局 中田 優



ーーどう気持ちを切り替える?仕事と家事、そして育児

中田:必然的にもう切り替えないとダメなので。自分の時間みたいなところは仕事中と通勤中くらいしかないかもしれないです。
岡嶋:40分くらい電車に乗るんですけど、その40分で街並みもどんどん都会から海が見えて田舎になるんで、そこで切り替わってるなって毎日思います。(笑)
:私は、仕事で人と喋って、あ、社会的って感じて、家帰って子どもいて、ああかわいいなって。
岡嶋:うん、それでバランス取れるよね!

――子どものために、自分のために、時間をつくる工夫がカギ

中田:がんばれるときはつくるけど、できないときはほんとにもういろんなものに身を任せ、というか。
岡嶋:最近ハマッてるのが、魚とか野菜を全部炊飯器に入れて、とりあえず出汁と混ぜて炊いてみるっていうのをやっています。めっちゃ楽でバランスも取れるから。
:野菜を切って冷凍しといて、帰った瞬間にお味噌汁をつくり始めるとか。
中田:あんまり追い込まないようにして、できるときはちゃんとやってあげてっていう。そこはバランス見ながらやろうと。気持ち的にはがんばってるけど!

〜Vol.3に続く


< Vol.1へ戻るVol.3に続く >

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading