2018.01.23

Special interview 01

我が社のワーキングマザーにきく。
大阪篇1 Vol.01


メディアソリューション局 林 美沙樹
カスタマープロモーション局 岡嶋 瞳
第4営業局 中田 優



ーー妊娠報告への温かい対応が仕事を続ける気持ちの支えに

中田:みんなで一緒に物事を考えてつくるいまの仕事は、可能であれば産んでからも続けたいと思っていました。その考えは家族にも理解してもらえたし、上司もみんなぜひ待ってるよっていうことを言ってくれたので。
岡嶋:私はもともと一生働きたいという思いがありまして。子どもができたという以前に結婚してなかったので(笑)あ、無事結婚はできたんですけど。
林:私はあんまり辞めるみたいな選択肢が自分のなかになくて。報告したらものすごいみなさん温かく対応してくださって。あったかすぎてびっくりしましたね。

――仕事と育児の両立に絶対欠かせない周囲の理解

中田:社内でも理解して協力していただけるのはほんとにありがたい。
岡嶋:絶対先輩とくっつけてやってくれるんで、ほんとに業務的には恵まれてるなと思います。
林:台風で警報が出た時は、自分が気づくより先に部長が、帰んなきゃいけないんじゃないの?って、言ってくれて。気にかけてくださってるなって感じます。


Vol.2に続く >

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading