2017.12.20

マーケッター

露雅弘

昨今特にそう思うんですけども
世界の方が日本より先に行っている事例が
たくさんあるかなというのは思うようになりましたね。

国内でも同じく
真似をするわけじゃないんでしょうけども
参考にしてビジネスを大きくしていくということを
考えていく必要があるかなと思います。

アクティベーションデザインって
アクティベート
人を動かすっていうことだと思うんですけど
人を動かすことができるかできないかっていうものを
提案や企画なりの判断材料にするべきであるということが
定着してきたのかなという感じはしますね。

特にファネルでいう後ろ側の方ですよね。
後ろ側の方って「動く可能性がある」ではなくて
「絶対に動く」という視点でものを語ることができる
ファンネルの部分だと思います。
その絶対に動かすことができるっていう所を
ベースに話を持っていくと
多くのお客様が耳を傾けてくださる感じはします。

ダイレクトも通常の広告活動も基本は一緒だと思うんです。
その根本は人を動かすということだと思います。
人の動かない広告とか
人の動かないダイレクトマーケティングなんていうものは
存在しないわけですよね。

人を動かしたいという意思を持っている方が
うちで一緒に仕事してくれると嬉しいなとは思います。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading