2017.08.09

営業

水津龍治

基本的には広告会社の技術というのは
一般広告だろうと通販のビジネスモデルであろうと
広告主、クライアントあるいは社内外の
チームスタッフのまとめ役ですが、

チームが一つのものとして機能すると
ビジネスが上手くいくというところにおいては
営業が中心になってきますので
ビジネスが上手く進んでいるときには
自分が全体を動かしているというプロデュース感
という点では多くの
醍醐味があると思います。

営業の仕方は色々あると思いますし
それぞれ営業は営業で得意な分野だったり
カテゴリーがあると思いますけど
基本的にはクライアントさんの悩みをきちっと聞く。
その背景をきちっと考えるということで
より本質的な悩みであったり課題であったり
そういったものに

直接的にアプローチしてくことができ、それがお客さんにとって
一番悩みを解決する早道になるかなと考えています。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading