2017.07.04

クリエイティブディレクター

安路 篤

僕はTCC取るまでコピーはダジャレだと思っていて
ダジャレばっかり書いてて全然通らなくて
コピーはダメだなと思って諦めていたんです。

企画物のポスターで(TCC)新人賞を取ったんですけど
企画を考えたり、コピーよりまず先に
アイデアとか企画とかを考えてそれに付随するものが
ビジュアルだった場合はコピーは退くし
企画が一番大事でその後にコピーを考えているので…。

コピー単体で書いてコピー勝負というのが本当は
コピーライターって世の中で言われていますけど
コピー1本書かせたら
実は上手くないんじゃないかなと思います。

ADと一緒に話し合いながら
ADの方がコピーを出したりする場合もあるので
コピーのうまいデザイナーに鍛えられるというか
デザイナーがコピーライターを育てて
コピーライターがデザイナーを育てるっていう
ピッチャーとキャッチャーの関係みたいな感じでやっています。

本を読まないんですよ。
いろんなところで言ってるんですけど…。
本を読まないで活字よりも絵の方が好きなんですよ。
ポスターを見るときも字より先に絵を見るんです。
だから絵で伝えられたら最高かなと思う。
絵で伝えられない部分を文字でフォローするっていう考え方で
絵で伝えられない部分をコピーで書くっていうスタンスで
仕事をしています。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading