2017.07.04

クリエイティブディレクター

原田裕美

子供はやっぱり第一に
考えてあげたいなというのはあるので
自分の出来る範囲で関われる時間の範囲では
いろいろやってあげようという気持ちです。

自分自身が人を見る目がちょっと違ってきた
のかなという気はしますね、子供を持ってから。

個人じゃなくて人としてどう見れるかという目に関しては
母親的な目じゃないですけど、そういう風に見れるようには
自分自身がなっている気がします。

クリエイティブの中で女性の比率が高いっていうのは
弊社は以前からよく言われてきましたが、
きちんと女性が働ける現場も
ずいぶん前から整っていたんじゃないかなと思いますね。

世の中消費活動の中心が
意外と女性だったりするので
女性が代理店にいて消費活動をきちんと分析できるというのは
すごく大事なことだと思います。

男性でも女性でも、どんな方が来ても
働きやすくて世の中でも「大広っていいよね」って言われるような
会社になっていると思います。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading