2017.06.01

ダイレクトビジネスプロデューサー

南 信吾

ダイレクトビジネスで結果を日々目の当たりにしながら
やっていく時に一番大事だなと思うのが
クライアントサイドに立っちゃダメだなと思っています。

そうではなくて、世の中の人々サイド
買ってもらう人サイドに立った時に
その人達に対してこういう風な言い方
あるいはこういうふうなやり方が
きっと受け入れられるんだろうと。

世の中の人々がこうだから
我々はこういうやり方を提案するんです。
クライアントと同じサイドに立つのではなく
クライアントと真っ向から
世の中の人々はこうなんだと思いますよという
言い方をし続けなければ…。

我々は生活者サイド、
ターゲットの人の代弁者
であるべきだなとは強く思いますね。

脳みそって使えば使うだけブンブン回ってくれて
逆に怠けさしたら本当になまってしまう。
だから考えて考えて考える癖を僕自身つけていますし…。

部員の人たちにも頭はびっくりする程自分で使いなと。
頭って使う癖つけたらブンブン回ってくれるので
皆さんに始終言っていますね。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading