2017.06.01

営業

和田綾子

なにかやりたいことを叶えるためには
人を変えていくよりも自分が変わった方が早いと思います。
それまではずっと意固地に自分が正しいと思ったら
そのやり方でしか
人を説得できたりしかできなかったんですけど
そうじゃなくて自分のやりたいことを叶えるために
どういう風な話し方で立ち回りをするか考えた方が
みんなが気持ち良く
結果を出せるんじゃないかなという風に考えたのが
切り替えのポイントだったかなと思います。

自分の論理でうまく説得できないときには
誰の力をどんなふうに借りたらいいのか
どうしたらクライアントが「うん」と言ってくれるのか
っていうところを考えていったほうが
スルッと提案が通ったりしたので
だったら自分の立ち回りを変えてみようと思いました。

苦手って思うとシャッターが下りてしまうじゃないですか。
でもその人のいいところとか魅力的なところとかを考えると
その人に力になってもらう為には
どうしたらいいかなと
自分を変えることができるのでそっちを選ぶようにしてます。

営業ってなにが面白いんだろうなと、最初思っていましたけど
配属されて営業しか体験したことはないですが
営業でよかったなと思います。

クライアントに近い立ち位置で
コンサル的な仕事ができるかなと思っていて
どういう戦略でどんなふうに売っていくかという
企てから携わる事ができるのは
営業の旨味といいますか
楽しいところかなと思っています。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading