2017.05.09

営業

吉川 聡

営業の領域が広がっているのは事実だと思うんですよ
ただあまりにも領域が広いのもあるし
クライアントによって課題が違うので
とはいえそこを見つけていかないと
我々の仕事にもならないというところもあって…。
顕在化するものではなくて
潜在的な課題をクライアントの思考で
見つけてそこから仕事に結びつけてこうというのは
常々うちの部下には言っています

普通にいくと業界とか市場とか
取引先の研究から初めるんですけど
思考自体クライアントの一員になれというところからですかね

君ならどんな課題を持ってるの?
というところから思考の変換をしろ、という感じです。

この領域って最近だと
コンサル会社などと被っているんです。
この先もたぶん
我々のような会社とコンサル会社って
同じ方向を向いているような気がするんですよ。
ただコンサル会社と違うのは新しいものを作れる能力というものは
我々広告代理店の仕事かなとは思っていますね。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading