2017.05.09

アートディレクター

北山和徳

社会で起こっていることと
アイデアをうまいことMIXさせる。
広告って毎回毎回生き物みたいなものだから
今の主流のネタみたいなものを
うまく合わせていったら一番
(広告賞が)取れる確率が高くなるんじゃないかなと思っています。

(広告賞は)スキルアップの為にやっていますね。
あとはクライアントが「取りたい」っておっしゃるので、
だったらやりましょうかっていう感じです。

今の世の中に起こっていることがAだとするならば、
Bは商品の特性、
それが合致した時に良いものが出来るっていう
ものなんですけど、
そこに中々ハマったものは無い。
まぁそういうのは感じますね

(映像の企画に例えると)平面を考えるときに、
例えば今まで「起承転結」なんて考えたこと無かったんだけど、
平面だと、じゃあこれが「起」だとか
「転」の所を表現すればいいんだ、っていう
頭の中で整理されるキッカケにはちょっとなっていますね。
「起承転結」って平面ではあんまり考えたことないけど、
この瞬間だけで問題提起だったら
一番最初みたいなのはあるんだけど
「起承転結」でなにか物を考えるより、
どう切り取ればいいかっていうのを選べる様になったっていう…。
映像をやっていると、その感じに思っちゃいますね。
良い事か悪い事かはちょっと分かんないですけど…。

※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading