2017.02.28

コピーライター

和泉紘子
ちゃんと自分が作ったクリエイティブに対して
人が動いてくれるというのが
数字で見える部署なので、
そこはすごくやりがいを感じています。

最近、これから自分が何かを作る
という立場になったとしても、
ちゃんと人が動くようなコピーとか言葉を書いて
世の中に浸透させられるような
仕組み作りをしていきたいなと思っています。

(自分のキャッチフレーズは)一か八か女子。
結構、一か八かで物事をやる事が多いなっていうのがあって
そういう面でも
今の部署に対する苦手意識に繋がるかもしれないですけど、
「ダメ元でもいいから一回やってみる」っていうのは
すごく大切にしています。

私は、広告業界を目指した理由が
mixiとかFacebookとかに対しての「いいね」だったり
そういう反応が大好きで…。
その後に広告業界を知って目指すようになったんですけど、
そういう自分の大好きな点っていうのを
見つけて、繋げる事が出来たら
すごく楽しいお仕事に
巡り会えるんじゃないかなと思っています。
※所属等は執筆当時のもので、現在とは異なる場合があります。
facebook
twitter
DAIKO

Loading