新しい世代の中心18才に注目した共同調査を実施

新しい世代の中心18才に注目した共同調査を実施
「次世代ロールモデル研究プロジェクト」から “多様性と向きあう世代” の価値観・消費レポート

株式会社大広(代表取締役社長:落合 寛司)(以下、大広)と日本インフォメーション株式会社(代表取締役社長:斎藤 啓太)(以下、日本インフォメーション)は、18才前後の若者世代に注目したそれぞれの取り組みを発展させ、この度、共同調査を実施しました。

<背景>

大広は、2018年6月16日付けで「次世代ロールモデル研究プロジェクト」を立ち上げ、18才前後の若者達に注目し、次世代を担う彼らがこれからの日本をどのように生きていけば良いかを考える情報発信サイト「18カラ~ノ、」を公開、運用してきました。

※「18カラ~ノ、」:https://www.18kara-no.jp/

日本インフォメーションは、2019年12月1日に設立50周年を迎える調査会社です。昭和・平成・令和と50年にわたって時代の変化を生活者の視点から見つめてきました。2016年に実施したビジネスセミナー「分けて知る U-18世代ってナニモノ?」では、18才以下の若者(中高生)を対象としたクラスター分析手法を開発、「U18クラスター」として運用しています。

※コーポレートサイト:https://www.n-info.co.jp/

この度、両社はお互いの若者を対象とした取り組みを発展させるために共同で定量調査を実施し、次世代の若者像についてレポートします。

※本レポートの著作権は、株式会社大広と日本インフォメーション株式会社が保有します。

内容を転載・引用する場合には、「 (株)大広・日本インフォメーション(株)調べ」と明記してご利用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

18カラ~ノ、新しい世代の中心18歳に注目した共同調査を実施

上記に関するお問い合わせは
株式会社 大広 総務局広報チーム
〒105‐8658 東京都港区芝2‐14‐5 TEL:03‐4346‐7102

Daiko WEDODAIKO RECRUIT 2020AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信