大広「ちびファミ・ラボ」「【第2回】パパ・ママの育児意識と情報源に関する基礎調査」~パパとママのデジタルライフ~

株式会社 大広

総務局 広報部

株式会社大広(社長:岩井秀一)は社内プロジェクト「ちびファミ・ラボ」※の調査の一環として、0-6歳の子供を持つパパ、ママを対象に「【第2回】パパ・ママの育児意識と情報源に関する基礎調査」を実施いたしました。今回のレポートは、パパ・ママのデジタルライフにフォーカスしています。調査結果から、パパ・ママにもスマートフォンが浸透しつつあり、パパ・ママの約半数が“今後、スマートフォンを使ってみたい”と考えていること、パパとママでは、“閲覧頻度が高いSNS”が異なること、“「デジタル一眼レフカメラ」は出産・育児を機にママよりもパパが使い始めている”など、パパ・ママのデジタル機器の使いこなしやインターネットの使い方など、デジタルライフにおける意識、行動のちょっとした違いが垣間見えました。「ちびファミ・ラボ」では、これからも引き続きパパ・ママたちの生の声を調査し把握することで、クライアントサービスや社会貢献の一環として活かしてまいります。
調査概要及び結果の概要は以下の通りです。

※ 妊娠中の夫婦(プレママ&プレパパ)、そして0~6 歳の乳幼児の親(パパ&ママ)の育児に関する意識と行動を把握し、リアリティのあるインサイトと、データに基づいた提案を行うことで同領域のマーケティング活動を行う取引先のマーケティングソリューションパートナーを目指す社内プロジェクトです。

 
「ちびファミ・ラボ」「【第2回】パパ・ママの育児意識と情報源に関する基礎調査」~パパとママのデジタルライフ~

 


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川 TEL 03-6364-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO SHALL WE CAMP? RECRUIT 2023 新卒採用 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office