-環境意識調査から見えてきた日本人の環境心理における“環境ブランド”とは?- 4つの環境ファクターでブランドを見る! 株式会社大広 [環境ファクター診断]を開発、サービス開始。

株式会社 大広

総務局 広報部

株式会社大広(社長・高野 功)は、日本人の環境意識や心理構造を読み解くことは、企業の環境問題を広告・PRするシーンのみならず、商品広告をプランニングする上でも重要な意味を持つと考え、環境意識調査を実施。その結果、日本人の環境意識は、大きく分けて4つのファクター(価値観)で構成されていることから、その環境ファクター分析による独自なアプローチにより、企業の抱える悩みを解消する効果的な「環境コミュニケーション」のプランニングツール[環境ファクター診断]を開発、サービスを開始することになりましたので、お知らせいたします。
大広は、お取引先の様々なビジネス課題に対して、これまでも高品質なソリューションサービスを提供してまいりました。さらに、今回の[環境ファクター診断]のサービス開始により、企業の環境コミュニケーションニーズに応えるパートナーとして機能していくことを目指してまいります。

概要は以下の通りです。

4つの環境ファクターでブランドを見る!株式会社大広 [環境ファクター診断]を開発、サービス開始。

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDODAIKO RECRUIT 2021AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信Daiko Tokyo Office