乳幼児のいる世帯の消費動向と育児意識を継続調査。 ~大広 ちびファミ・ラボ 「ちびファミ・家族モニター1300」 を発足~

株式会社大広(社長:高野功)は社内プロジェクト「ちびファミ・ラボ」※において、本年7月に「ちびファミ・家族モニター1300」を発足いたしました。
「ちびファミ・家族モニター1300」は、0-3歳の乳幼児がいる1200世帯と、第一子妊娠中のプレママ約100世帯を対象モニターとして、組織化したものです。妊娠中~乳幼児がいる世帯は、子供の誕生・成長にあわせて消費行動や、意識・関心領域が大きく変化していきます。この「ちびファミ・家族モニター1300」は、これらの変化が大きい層に対して、モニターを時系列で追跡することでそれらの変化を把握し、プランニングの精緻化に役立てることを目的としております。
「ちびファミ・家族モニター1300」では、パパ、ママの消費行動や情報感度を把握する定量・定性調査に加え、様々な切り口による調査が可能なことが特長です。また、特定の世帯の消費動向を時系列で追跡できるため、ベンチマーク調査として利用することや、ママのタイプ別クラスターや発信力など、数種類の尺度を設定しているので、調査目的に応じて対象者設定を行うことも可能になっています。
大広ちびファミ・ラボは「ちびファミ・家族モニター1300」を活用し、ベビー、キッズ向け、ならびにファミリー向けカテゴリーの得意先に対して精度の高いソリューションを提供してまいります。
この度、第1回調査を実施いたしました。
調査概要及び結果の概要は、下のPDFをダウンロードしてご覧ください。

※ 妊娠中の夫婦(プレママ&プレパパ)、そして0~6 歳の乳幼児の親(パパ&ママ)の育児に関する意識と行動を把握し、リアリティのあるインサイトと、データに基づいた提案を行うことで同領域のマーケティング活動を行う取引先のマーケティングソリューションパートナーを目指す社内プロジェクトです。

 ~大広 ちびファミ・ラボ 「ちびファミ・家族モニター1300」 を発足~


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務局広報部 遠藤、長谷川 
TEL 03-6364-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO SHALL WE CAMP? RECRUIT 2023 新卒採用 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office