WEB2.0時代におけるクロスメディアコミュ二ケーションを生活者参加型のブログから発信 サブカルブログマガジン「げまてれ」のサービス開始

株式会社 大広

総務局 広報部

株株式会社大広(社長:高野 功)は、自社で運営する生活者参加型の「サブカルブログマガジン『げまてれ』」のサービスの本格稼動を開始いたしましたのでお知らせいたします。

昨今のインターネットの急速な普及と、生活者とのコミュニケーションの変革が問われる中、大広では生活者の意見・発案を広告コミュ二ケーションのビジネスモデルに取り入れ、既存マス媒体と、ブログという2軸を用いたクロスメディアコミュ二ケーションを開始いたしました。 この件に関し2006年9月、「げまてれ制作委員会」を社内に設置、ニフティ株式会社のご協力を得て、独自のオリジナルブログサイト「げまてれ」を同社のブログポータルサイト「ココログ」に開設、運営して参りました。また、そのブログから派生した内容をテレビ番組コンテンツとして制作し、同10月より地上波放送局各局で放送を実施しておりました。 この8月にサイトリニューアルをし、本格稼動を開始。動画コンテンツとブログとの連携を強化することにより、生活者の興味喚起を促すエンターテインメント性を保有しながら、生活者の自由な意見・発案をクライアント企業の課題解決へと繋げて参ります。さらに、「げまてれ」で取り上げた様々な話題をブログ等でバイラルさせることにより、生活者参加型のクロスメディアコミュ二ケーションスキームを構築・運営して参ります。

大広は、「げまてれ」を展開していくことにより、より生活者視点に則ったソリューションを提供してまいります。

<「げまてれ」概要>
●げまてれとは
「月刊マガジンテレビ」の略称。大広独自のオリジナルブログサイトであり、
1. うまずきっ
2. 闘魂!筋肉塾
3. コラ☆ボレCooking
4. コラ☆ボレMovie
5. コラ☆ボレDesign
6. 編集部NEWS
ほか、様々なカテゴリのコンテンツを展開しております。

詳細は
http://gematele.cocolog-nifty.com/blog/
をご覧下さい。

●げまてれによるキャンペーン概要
「げまてれ」コンテンツ内での生活者視点の発想を、キャンペーンに取り入れることにより、オリジナリティ・クリエイティビティが発揮されます。そしてテレビ番組との連動により、生活者に密着した情報を提供することで、さらなるキャンペーン効果が創出されます。

●キャンペーン事例
2007年1月、携帯型デジタルオーディオプレイヤーの世界ブランド「iriver」製品を日本国内で販売する株式会社iriver japanとのコラボレーションにより、さまざまな動画クリエイターやインディーズミュージシャンからご提供頂いた作品をプリインストールした「iriver clix げまてれモデル」を発売。その過程において関係各所への協力依頼から 製品発売までのプロセスを「げまてれ」ブログ内や自社制作のテレビ番組、またiriver japanのウェブサイトで告知展開を行うことで話題喚起を図りました。

以上


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
株式会社大広 総務人事局広報部 遠藤、長谷川 TEL 03-6364-8601

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO DAIKO WINTER CAMP ~INTERNSHIP 2021~ 新卒採用サイト「SHALL WE CAMP?」 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office