博報堂DYグループ、4社共同で「博報堂DYグループ・クロスメディアビジネスセンター」を設置

博報堂DYグループの事業会社4社(博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、大広、読売広告社)は共同で、「博報堂DYグループ・クロスメディアビジネスセンター」(以下、「XBC」)を12月16日付で設置し、マス広告やネット広告などの様々なメディアを統合的に組み合わせ、最適なソリューションをグループ横断で提供していくことと致しました。

近年のインターネットをはじめとするデジタルメディアの普及・浸透によって、生活者がメディアから受け取る情報経路は急速に多様化・複雑化しています。クライアント企業の広告・プロモーション戦略も、従来のマスメディアの枠にとらわれず最適なメディアを複合的に組み合わせて効果の最大化を図るというタッチポイントプラニングに基づいたソリューションの選択が行われるようになってきました。このような環境から、本年2月には博報堂DYグループ横断で「博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター(以下、「IBC」)」を設置し、対応しております。

そしてこのたび、博報堂DYグループは、既存マスメディアと、博報堂DYグループとして強力に取り組んでいるi領域をかけ合わせたビジネスを創造し、拡大させていくための機能として、「XBC」を設置することと致しました。

<「XBC」の機能と体制>
「XBC」では、クライアントに対して広告やプロモーション戦略を提案するプラニング機能と、各メディアプロデューサーが媒体社とともに行ってきたシーズ開発機能を一ヶ所に統合することで、クライアントニーズを反映した新しいクロスメディア型の提案を可能にします。具体的には、

1.「クロスメディア商品の企画開発機能」
2.「クロスメディア効果測定手法の開発機能」
3.「クロスメディア業務推進機能」

の3つの基本機能により、クロスメディア型の新商品開発からプラニング、プロデュースまでを総合的に実施いたします。「XBC」には、博報堂DYグループ内から、メディアプロデュース、メディアプランニング、マーケティング、SP、クリエイティブ、WEBなど各分野の専門家を横断的に集約いたします。
なお、「XBC」は「IBC」に隣接して設置され、i-メディア分野との連携も深め、共に新しい広告コミュニケーションを生み出してまいります。

博報堂DYグループでは、これまでもクロスメディアを志向した業務を各社で積極的に推進してきましたが、本センター設立によって、博報堂DYグループにクロスメディアに関わる専門センターが常設されることとなり、クロスメディアに関わる情報や知見などが個別業務や特定セクションに留まることなく、グループ全体として蓄積・高度化していくことが可能となります。そして、デジタルメディア時代に対応した次世代型の最適なマーケティング&コミュニケーションを媒体社の皆様とともに迅速にクライアントに提供してまいります。

「博報堂DYグループ・クロスメディアビジネスセンター」の概要
名  称 : 「博報堂DYグループ・クロスメディアビジネスセンター」
機  能 : 1) クロスメディア商品の企画開発機能
       ・ クロスメディア型商品の企画・開発
       ・ 個別クライアントへの個別クロスメディア型商品の企画・実行
      2) クロスメディア効果測定手法の開発機能
       ・ 上記活動を通じた、クロスメディアプラニング手法の体系化・定型化開発
      3) クロスメディア業務推進機能
       ・ クロスメディア型の商品における、クロスメディアの効果測定手法の開発
       ・ 開発されたクロスメディア商品のプロモート及びグループ内広告事業会社3社の営業活動支援
センター長 : 黒崎 等 (博報堂執行役員兼i事業推進室長)
副センター長 : 新倉 雄二(博報堂DYメディアパートナーズ アカウント戦略局長)
スタッフ : 約50名
発  足 : 2006年12月16日
所在地 : 汐留シティセンタービル内

以上


<この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します>
博報堂DYメディアパートナーズ 経営管理室 加藤 TEL.03-6218-9175
博報堂 広報室 宮川・泉谷 TEL.03-5446-6161
大広 総務人事局広報部 遠藤・長谷川 TEL.03-3437-8601
読売広告社 総務局コーポレート部 山中 TEL.03-3556-6966

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO SHALL WE CAMP? RECRUIT 2023 新卒採用 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office