~通販広告で必要なのは、遊び感覚でユーザーを楽しませること?!~ D-SCAN2006 「通販ユーザー調査レポート」

株式会社大広(社長:高野 功)はこのたび、「D-SCAN2006 通販ユーザー調査レポート」を作成いたしました。 通信販売、いわゆるダイレクトマーケティング市場は、年々着実に伸びており、様々な企業が進出しています。 今回、ナレッジ情報の開発と共有化を推進しているナレッジ開発局では、通信販売を切り口に、通販ユーザーの生活意識やショッピングへの関心など消費動向をはじめ、購入にあたっての接触媒体を調査・分析し、その調査結果から通販ユーザーと広告の関連性を探ってみました。

大広「D-SCAN2006 通販ユーザー調査レポート」リリース

Share on FacebookShare on Twitter

Daiko WEDO SHALL WE CAMP? RECRUIT 2023 新卒採用 AD+VENTURE 博報堂DYホールディングス “生活者データ・ドリブン”マーケティング通信 Daiko Tokyo Office